楽天ゴールドカードを作ろう!~楽天カードから切り替えた理由~

クレジットカード

前回、楽天ゴールドカードの特徴と使うのに向いている人について解説しましたが、では青島自身はどうなのか。

長年楽天市場と楽天カードを利用してきて、ゴールドカードに切り替えるなんてこれまで考えたこともなかったのですが、2020年はお金の増やし方を学ぶぞ!と決心して色々調べるようになると、そもそもクレジットカードの使い方を見直すべきことが判明しました。

そこで一番最初に取り掛かったのが楽天カードの検証でした。

その結果ゴールドに切り替えることにしたのですが、その理由について今日は解説します。

青島は楽天ゴールドカード向きの人なのか

前回の記事で「楽天ゴールドカードに向いている人」をまとた結果が以下の通りでした。

  1. 楽天市場で年間110,400円以上買い物をする人
  2. ETCカードで楽天ポイントを貯めたい人
  3. 国際ブランドがAmericanExpressでなくても良い人
  4. 国内空港ラウンジを年2回以内で利用する人

「楽天市場で年間110,400円以上買い物をする人」に該当するか

とりあえず過去3年間の楽天市場利用実績を確認してみました。

その結果が以下の通りです。

年(毎年1月~12月) 利用額合計(税込み)
2019年 515,432円
2018年 233,389円
2017年 300,301円

こんな風に確認してみたことは過去なかったのですが、数字で見ると結構楽天で買い物しているなぁと改めて実感します。

昨年は12月にちょっと大きい買い物(投資と思ってます)をしたので50万円オーバーですが、買い物の内容を確認していくと、特別な出費がなく、日常用品などをメインに平均的な買い物を続けたとしても、今後も20万円を超えてくるであろうことが予測されました。

つまり優にボーダーラインの110,400円/年は超える=該当する ということです。

この結果だけで十分、ゴールドカードに切り替える決心がつきました。

「ETCカードで楽天ポイントを貯めたい人」に該当するか

高速道路を使った遠出は、平日はほぼなし、週末は夫の車で家族揃ってということになるので、私自身のETCカード利用はさほど多くありません。

ただ、私の住んでいるところは田舎なので、それでも平均月3,000円、年間36,000円程度は使うので、もし楽天ETCに替えて1.0%還元が受けられるようになれば、360円程度のポイントはつきます。

何もないよりは、少しでも還元があったほうがやっぱり嬉しいですよね。

「国際ブランドがAmericanExpressでなくても良い人」か

なくても良い人です。

AmericanExpressのメリットはざっくり言うと以下の通り。

  • 海外渡航時のサービスが充実している
  • ステータスが高い

青島はそもそも海外へ行くことはほぼない!(悲しい…)

持っているだけで評価されるステータスは必要としていない!

それよりも国内どこでも使えるVISAやMasterのほうが向いてます。

というわけで問題無し。

「国内空港ラウンジを年2回以内で利用する人」か

子どももいますし、飛行機に乗るような遠出は国内外問わずほぼできません(悲しい…2回目)

2回以内どころか、多分空港ラウンジを使う機会はないでしょう。

でもいいんです。

4については3回以上利用する人なら他のゴールドカードを使ったほうが良いですよ、という項目でもあるわけですから。

 

以上の通りでしたが、青島は楽天ゴールドカードに向いている人であると判断しましたが、1の条件だけでも十分判断材料になりました。

切り替えたらどれくらい還元額が変わるか

楽天ゴールドカードの特徴でも説明しましたが、還元率が3%から5%にアップします。

もし3年前からゴールドカードを使っていたとしたら、どれくらい還元額に差があったのか、上記の結果を使って計算してみました。

利用額合計

(税込み)

楽天カード

3%

楽天ゴールドカード

5%

2017年 515,432円 15,462円 25,770円 10,308円
2018年 233,389円 6,999円 11,665円 4,666円
2019年 300,301円 9,009円 15,015円 6,006円

3年間ともゴールドカードの手数料は上回りますね。

改めて、年間利用額だけで十分ゴールドカードへの切り替えをする理由になると考えました。

(注)実際のポイント還元は1買い物あたり100円につき計算されるので、合計額で計算するのとは金額に差がでます。また、買い物時にポイント消費した分には還元計算されないので、上記は買い物状況に応じた正確な比較ではありません。

 

1月に入ってすぐに切り替えの申し込みをしたので、次からは手続きの流れなどを解説します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました